忍者ブログ
23 October

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30 May

タロットの本質

太陽1タロットは「占い」のツールとしてよく知られていますが、本当は違います。
タロットの発明の歴史は様々な説があり、どれが本物かは測りかねます。
ただタロットは「導き」「啓示」「助言」を述べるものなのです。

元来はマルセイユ版から発したタロットですが、19世紀にアーサー・E・ウェイトがパメラ・コールマン・スミスに描かせた「ウェイト・スミス」版には、カバラや数秘術・占星学などが織り交ぜています。

カバラはセフィロトの樹で有名ですが、赤ちゃん
「人間がいかに人生を全うして善く生きるか」を説いたものです。

現にユングはカウンセリングでタロットを使っています。

タロットは「意味を覚えろ」と教わった方は多いでしょう。
しかし意味は存在しないんです。
過去のオカルティスト達・・エリファス・レヴィー、クローリーなどですね。
彼らが考えたものです。

ポイントは「絵の中の象徴」です。
意味を覚えれば、単なるタロットの当てはめ作業にしかなりません。

「絵の中のどこを観るか」が重要なのです。
「絵」「イメージ」には元型・集団的無意識が存在します。

赤ちゃんの写真を見て、「醜い」「将来性が無い」「俗悪」「死」などと連想する人は、世界中の人間でもいません。
潜在意識中に埋め込まれているわけです。

はじめは「絵」を眺め、どの部分に焦点を当てるかのエクササイズとなるでしょう。
そして、その感想を述べてみて下さい。
それは「意味なるもの」にほとんど変わらないはずです。

タロットは完全にロジカルにリーディングができます。
霊感は必要ありません。

ただボキャブラリーは豊富のほうが有利ですね。
でも後天的なものです。

BIG NEWS■

私の直弟子がプロデビューしました。
池畑凛という名前です。
彼女の特徴は「ヒプノセラピー」と「タロット」を融合させたことです。
これは業界初の試みでたいへん優れたアイディアですね。

一度彼女のホームページに訪問してあげてください。
(このサイトは私が直で制作したものです)

池畑凛のヒプノセラピングタロット

訪問するのは無料ですから(笑)

PR